さとうとしおです。

頭痛歴40年以上!ベテラン頭痛持ちのブログです。

越境捜査シリーズにはまってます。第2弾「越境捜査2 挑発」笹本稜平。 

f:id:tosiosato:20181105155640p:plain:w400
「越境捜査2 挑発」笹本稜平です。

tosiosato.hatenablog.com
の第2弾です。


今回は、パチンコ業界と警察官僚の癒着。

警察内部の腐敗ぶりが本当にひどくあきれてしまいます。


警視庁の鷺沼•井上、神奈川県警の宮野、ヤクザの福富のチームで、パチンコ業界のドンであり日本有数の富豪の飛田を追い詰めていきます。
上司の三好係長、後任の梶木係長もいい味出してます。

前作のように、最後は大金を奪い取るのかと期待していましたが・・・・・、最後はあっさりと解決してしいました。

第3弾に期待です。



【内容】
警視庁捜査一課で継続捜査を担当する鷺沼は、パチンコ・パチスロ業界の雄、飛田を訪ねる。7年前、殺人容疑で勾留中に死亡した飛田の従弟、川端の話を訊くために―。従弟とは30年近く会っていないと言う飛田だが、飛田の秘書は鷺沼に告げる。「7年前、飛田は川端に会っています」ひとつの殺人事件を端緒に、次々と湧く黒い謎。鷺沼と神奈川県警の宮野が再び手を組み真相を探るが、そこに立ちはだかるのは警察組織。知りたいのは真実だけ―。組織と犯罪に闘いを挑む刑事たちの熱い姿を描く。