さとうとしおです。

頭痛歴40年以上!ベテラン頭痛持ちのブログです。

「越境捜査」笹本稜平 を読みました。

f:id:tosiosato:20181025153055p:plain:w400

ハードボイルド小説が好きです。

北方謙三さん」「大藪春彦さん」は、ほとんど読破してしまいました。

新たなお気に入りを、ハードボイルド系、犯罪系、警察系で探していたところ「笹本稜平さん」ヒットしました。

他にも”疫病神シリーズ”の「黒川博行さん」”ハゲタカ”の「真山仁さん」など読み始めています。

今回は、笹本稜平さん「越境捜査」です。

檜垣耀二シリーズ 3作
f:id:tosiosato:20181025160920p:plain:w150 f:id:tosiosato:20181025161009p:plain:w150 f:id:tosiosato:20181025161032p:plain:w150

マネロン室シリーズ 2作
f:id:tosiosato:20181025161201p:plain:w150 f:id:tosiosato:20181025161322p:plain:w150

を読んだ後で

「越境捜査」シリーズ第1弾です。

檜垣耀二シリーズ マネロン室シリーズ とも読み応えあったので全作読んでいくことに決めました。


14年前に起こった時効間近の迷宮入り事件。
消えた12億円の行方を巡り警察内部での戦いが始まります。

誰が味方でだれが敵なのか?

尊敬する先輩「韮沢」の本当の狙いは何なのか?

何もかもが信じられない中「鷺沼」は、利害が一致した不良刑事「宮野」、ヤクザの「福富」と組んで、国会議員、警察上層部に立ち向かいます。

最後までハラハラさせられ一気に読んでしまいました。






【内容】
警視庁捜査一課の鷺沼は、迷宮入り事件のファイルを開いた。14年前、12億円をだまし取った男が金とともに消され、犯人も金も行方不明のまま。再捜査開始。鷺沼は12億円の行き先をつかむ。神奈川県警―。しかし、それだけではなかった。大薮春彦賞作家が組織に闘いを挑む男たちを描いた長編警察小説。