さとうとしおです。

頭痛歴40年以上!ベテラン頭痛持ちのブログです。

読書日記

『シンメトリー』誉田哲也

『シンメトリー』誉田哲也です。姫川玲子シリーズ短編集。 シンメトリーposted with ヨメレバ誉田哲也 光文社 2011年02月20日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転…

『二人だけの勲章』北方謙三

『二人だけの勲章』北方謙三です。再々読。男の友情。悲しい。 二人だけの勲章posted with ヨメレバ北方謙三 角川書店 1986年09月 楽天ブックスAmazon7net 【 内容】 看板間際、雨に濡れて男はやってきた。マスターを訪ねてきたのだ。待つ間、北友会の連中が…

『悪寒』伊岡瞬

『悪寒』伊岡瞬です。面白かった。かばい合いで二転三転。最後は夫婦に戻れてよかった。 悪寒posted with ヨメレバ伊岡 瞬 集英社 2017年07月05日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 大手製薬会社「誠南メディシン」に勤める藤井賢一は、会社の不祥事の責任…

『烈日』北方謙三

『烈日』北方謙三です。普通のサラリーマンが主人公。誰も死なない。北方ハードボイルドには珍しいパターンでした。烈日posted with ヨメレバ北方謙三 徳間書店 2004年05月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 繰り返しの日常。家族、家のローン、中間管理職同…

『黒いドレスの女』北方謙三

『黒いドレスの女』北方謙三です。再々読。1986年の作品。映画も昔見たような気がする。 一言一言がかっこいい。 黒いドレスの女posted with ヨメレバ北方謙三 角川書店 1986年09月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 羽が舞うように、ふわりとスツールに腰か…

『痣』伊岡瞬

『痣』伊岡瞬です。警察物。警察を辞める決断をした真壁を挑発するような殺人事件が起こる。面白かったです。痣posted with ヨメレバ伊岡瞬 徳間書店 2016年11月22日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 真壁を引き止めるかのように、奥多摩分署管内で連続美…

『ひとりぼっちのあいつ』伊岡瞬

『ひとりぼっちのあいつ』伊岡瞬です。ラストで急に話が変わってよくわからない。 鶴巻の存在感よかったのに残念。 ひとりぼっちのあいつposted with ヨメレバ伊岡 瞬 文藝春秋 2015年03月23日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「故郷に帰れ、田舎もん!」…

『北の狩人』大沢在昌

『北の狩人』大沢在昌です。狩人シリーズ1作目。 大沢作品初読み。 面白い! シリーズを追っていきたい。北の狩人(上)posted with ヨメレバ大沢在昌 幻冬舎 1999年08月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 新宿に北の国から謎の男が現れる。獣のような野性的…

『明日なき街角』北方謙三

『明日なき街角』北方謙三北方ハードボイルド。 マスターいい味。 明日なき街角posted with ヨメレバ北方謙三 徳間書店 2006年02月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 機械的に吐き出されるネジの音を聞きながら、哲二は見えない敵を思う。昼は作業着、夜はセ…

『ストロベリーナイト』誉田哲也

『ストロベリーナイト』誉田哲也です。姫川玲子シリーズ1作目。 グロテスクな部分もあるが面白かった。 ストロベリーナイトposted with ヨメレバ誉田哲也 光文社 2008年09月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包…

『夜より遠い闇』北方謙三

『夜より遠い闇』北方謙三北方ハードボイルド1984年の作品。 大切なものの為に戦う。男の意地。いつ読んでもいい。 夜より遠い闇posted with ヨメレバ北方謙三 徳間書店 1988年05月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 女友達と関係したバーテンの水田を強請り…

『半沢直樹 アルルカンと道化師 』池井戸潤

『半沢直樹 アルルカンと道化師』池井戸潤です。 今回も一気読み。敵側のわきが甘すぎる感がありますが、面白かったです。半沢直樹 アルルカンと道化師posted with ヨメレバ池井戸 潤 講談社 2020年09月17日 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 東京中央銀行大…

『やがて冬が終われば』北方謙三

『やがて冬が終われば』北方謙三です。再読。30年以上前の作品。懐かしい。 やがて冬が終ればposted with ヨメレバ北方謙三 文藝春秋 1984年10月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「心の中にいた獣がはじめて自分で疾走する荒野を見つけた!」上役の女性関係…

『白昼の死角』高木彬光

『白昼の死角』高木彬光です。「光クラブ事件」が題材。時代を感じるが、頭脳明晰な東大生が、法の抜け穴を巧みに突いて完全犯罪を計画。 分厚い作品だが、一気に読み進む。面白い。白昼の死角新装版posted with ヨメレバ高木彬光 光文社 2005年08月 楽天ブ…

『渇きの街』北方謙三

『渇きの街』北方謙三です。再々読。北方ハードボイルド何度読んでも良いです。 渇きの街posted with ヨメレバ北方謙三 集英社 1988年10月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 道ってやつは踏みはずすためにある。踏みはずしたところに、また道があるー川本高…

『過去リメンバー』北方謙三

『過去リメンバー』北方謙三です。再再読。獄中で死んだ友のために・・・ 懐かしい。 過去(リメンバー)posted with ヨメレバ北方謙三 角川書店 1985年10月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 突きささる熱い視線。人波の中に立っていたのは刑事・村尾。四年…

『乙霧村の七人』伊岡瞬

『乙霧村の七人』伊岡瞬です。最後の「友里」の素性に無理があったが、普通に面白かった。 【内容】 乙霧村という小さな村で一家五人を惨殺し、犯人も斧で頭を割られて絶命するという凄惨な事件が起こった。事件から二十二年後―大学教授であり『乙霧村の惨劇…

『君に訣別の時を』北方謙三

『君に訣別の時を』北方謙三再読。最後にタイトルの意味が・・・。北方ハードボイルド最高です。君に訣別の時をposted with ヨメレバ北方謙三 集英社 2010年09月25日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 中古車販売業を営む元レーサーの立花新太郎。自分のも…

『代償』伊岡瞬

『代償』伊岡瞬です。一気読み。1日で全部読んでしまいました。 圭輔のあきれるほどの人の好さ、そして弱さ。達也の頭の良さ、残忍さ。途中吐き気を催すほどの嫌悪感を抱きながら読み進みました。 代償posted with ヨメレバ伊岡 瞬 KADOKAWA 2016年05月25日…

『友よ、静かに瞑れ』北方謙三

『友よ、静かに瞑れ』北方謙三です。再読。北方ハードボイルド初期の作品。 最高。 藤竜也の映画もまた見たくなった。友よ、静かに瞑れposted with ヨメレバ北方謙三 角川書店 1983年08月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 温泉町で旅館を経営している古い友…

『檻』北方謙三

『檻』北方謙三です。北方ハードボイルド初期の作品。再読。 挑戦シリーズに登場の村沢も登場。滝野の迫力に圧倒される。老いぼれ犬もまだ若い。すべてにおいて最高。檻posted with ヨメレバ北方謙三 集英社 1987年03月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 ス…

『明日の雨は。』伊岡瞬

『明日の雨は。』伊岡瞬です。アルバイトの音楽講師「森島」が、小学校でおこるトラブルに振り回される短編集。 ほのぼのした感じがいい。読みやすい。明日の雨は。posted with ヨメレバ伊岡瞬 角川書店 2010年10月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「明日…

『七月のクリスマスカード』伊岡瞬

『七月のクリスマスカード』伊岡瞬です。重い話だが、一気読み。 少女が強い女性に育っていきます。 七月のクリスマスカードposted with ヨメレバ伊岡瞬 角川書店 2008年06月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 両親の離婚後、母と弟の3人で暮らす小学6年の杉…

『真夏の葬列』北方謙三

『真夏の葬列』北方謙三です。北方ハードボイルド、初期の作品。再読。 泣ける。 真夏の葬列posted with ヨメレバ北方謙三 講談社 2005年11月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 彼女は赤い花が好きだった。守は美知の柩の上に赤いバラを手向けた。北池袋の小…

『いつか友よ』北方謙三

『いつか友よ』北方謙三です。 挑戦シリーズ最終巻。再再読。 とうとう最終巻。最後まで迫力満点。 最高です。いつか友よposted with ヨメレバ北方謙三 集英社 1990年09月01日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「心の痛みを忘れない猛獣、そういうのを狼…

『風群の荒野』北方謙三

『風群の荒野』北方謙三挑戦シリーズ第4弾。再々読。 石本。より強くなって再登場。狼(ロボ)に挑む。風群の荒野posted with ヨメレバ北方謙三 集英社 1990年08月01日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「狼は哲学者だな。戦闘に熟達しただけのコマンドじ…

『暴虎の牙』柚木裕子

『暴虎の牙』柚木裕子「孤狼の血」シリーズ完結編。 ガミさんが生きていたころの話から始まる。 女性作家の作品とは思えない迫力。 面白かった。 まだ続きが読みたい。暴虎の牙posted with ヨメレバ柚月裕子 KADOKAWA 2020年03月27日頃 楽天ブックスAmazon7n…

『145gの孤独』伊岡瞬

『145gの孤独』伊岡瞬です。危険球で投手生命を失った男の話。 ぶつけた相手の妹と便利屋を営む。 なかなかおもしろかった。 145gの孤独posted with ヨメレバ伊岡瞬 角川書店 2006年05月 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 プロ野球投手として活躍していた倉…

『冬の狼』北方謙三

『冬の狼』北方謙三です。『挑戦』シリーズ第二弾。再再読。 水野竜一が南米から帰国。仲間達のために再び闘い始める。何度読んでもいいです。 冬の狼posted with ヨメレバ北方謙三 集英社 1990年07月01日頃 楽天ブックスAmazon7net 【内容】 「あたしの誇り…

『いつか、虹の向こうへ』伊岡瞬

『いつか、虹の向こうへ』伊岡瞬です。伊岡瞬デビュー作。 元警官が主役。一つ屋根の下に問題抱えた住民達が集まる。 尾木のおっちゃん、不器用だが打たれ強くとてもいい人。 いい話でした。 いつか、虹の向こうへposted with ヨメレバ伊岡瞬 角川書店 2005…

2. 3.